幼稚園のご案内

食育

豊橋旭幼稚園では、専門家の協力により、各クラスで食材作りや知識を楽しみながら学べ、それに基づいた週2回の食育による昼食や、保護者へのお知らせなどによって、食の大切さを伝えています。

現在の状況と食育を通しての期待

私たちの食生活は大きく変化しました。レトルト食品、スーパーやコンビニの総菜や弁当など簡単・便利な食べ物が溢れています。このような状況の中、「食」に関する正しい知識をもたない人々が増え、子ども達にも様々な問題が生じています。

朝食を食べない、うまく噛めない、偏食、食欲不振、食事マナーの乱れ、食体験の貧弱化・・・このような状況から①生活習慣病の低年齢化②若者の体力低下③すぐにキレる子どもが社会問題となり「食育基本法」が制定されました。この法律は子どもの教育、保育を行う者が食育の重要性を十分自覚し、積極的に食育に取り組みことを求めています。

子ども達が健全に成長できる食環境を自ら構築していけるよう食育の実施を計画しました。

食育イメージ
TOPに戻る

食育の目的

神さまが創造された世界(自然)の中で、私たちが生かされていることを感謝する気持ち、もったいないという気持ちを育てる。

「食」に関する正しい知識と基本的な生活習慣を身につける。
正しい食事習慣・食事のマナー      <毎日の昼食時間>

  • 1.「いただきます」「ごちそうさま」の心
    私たちを育ててくださる神様や家族への感謝、食べ物を作ってくださる人への感謝の気持ちをそだてる。(食べ残すともったいないという気持ち)
  • 2.お箸・スプーン・フォークの正しい持ち方。
  • 3.食べる姿勢、背中を伸ばす、ひじを張ったりテーブルにつかないなど。
  • 4.前歯で噛みきる、奥歯でモグモグ50回よく噛む。又、ひと口の適量を覚える。
  • 5.みんなで楽しく食べる技術を身につける。
    口に食べ物を入れたまま話さない、走りまわらない。
    一緒に食べ始めて一緒に食べ終わる。(食べるのが早い子も遅い子も全体に合わせる事の大切さを学ぶ)
日本の伝統食(行事食やおふくろの味)を体験、継承する。
  • 1.園の調理室で週2回手作りする昼食による正しい味覚の発達。
    甘い、塩っぱい、酸っぱい、苦い、うまみ(だしの味)の5つの味がわかるようになる。
  • 2.ひじきの炒め煮、五目煮、いり鶏、きんぴら等の伝統的な日本食を体験し、料理名と一致するようになる。
  • 3.切り干し大根などの保存食を体験、実際に作ってみる。
  • 4.たたきごぼう等の季節の行事食を体験する。
自然を支配される神さまに感謝する気持ち、もったいないという気持ちを育てる。
<先生のお話、絵本、畑仕事等を通して保育中。>
  • 1.夏野菜やお米の栽培、収穫体験を通して育てて下さる神さまを知り、食べ物の命をいただいている事に気づかせる。
  • 2.食べ残しはもったいないという感覚を養う。
自分の健康を守る食べ物を選ぶ能力を身につける。
<先生のお話、絵本、畑仕事等を通して保育中。>
  • 1.食べ物の旬、採れる場所、栽培方法などを知る。
  • 2.正しい食べ物の選び方、旬の食べ物の意味を理解する。
    きゅうりやナスなど夏野菜は体を涼しく
    大根、ごぼう、里芋など冬においしい野菜は体を温めるなど。
  • 3.自分の体調をバナナうんちから知り、自分の選んだ食事が正しかったのか子どもと一緒に考える。
  • 4.お菓子とジュースだけで大きくなれるの?元気がでてくるの?
TOPに戻る

食育のすすめ方

①食育の取り組み 月1回(その季節の野菜、食べ物と良しになる取組)
2017年度

5月 おだしの味(かつお節、昆布)
お豆(グリンピース、そら豆、枝豆)
お椀の持ち方、箸のマナー
6月 年中さん、年長さん
 梅ジュース・・・年中さん(各自)
 梅干し・・・・・年長さん(各自)
年少さん
 元気なまあくん
 4つの味と表現を学ぶ
 噛む練習、いろいろなお砂糖
7月 夏野菜を豪快に食べる! きゅうり、トマト、なす
夏休みのおやつは何を食べる?
9月 秋ナスと夏ナスとどこが違う?
ごま和えを作る! “和える”ということを伝える
11月 お米 白米・玄米・(新米)の食べくらべ
エプロンシアター 元気なまあくん
12月 おせち料理 日本の伝統を伝える。
1月 すり鉢とすりこぎ棒でおもちをつく
大根おろし
2月 大根の食べくらべ 一番おいしいのはどの部分?
保存食作り
TOPに戻る

お母様の声

★年中さんのお母様

今でも突然「おむすび、作りたい!」と言ったり「一番好きなお野菜はピーマン!」と言ったりかなり影響を受けています。お芋の胡麻酢和えは家でも作り、お雑煮もとても楽しみにしていて、今までになく自分から事細かに話してくれました。

★年少さんのお母様

何より私が嬉しく思っているのが「食」に興味を持ってくれたことです。料理に入っている食材を、以前であれば警戒して「これなに?」と聞いていたのが、最近では「これなに? 食べてみる!」と積極的な気持ちで受け止めるようになりました。まだまだ偏食児、何でも食べるとは言えませんが、彼にとっては大きな変化です。

★年少さんのお母様

「今日は取り組みがあるよ。」と言うと「やったあ!」と嬉しそうに登園します。“うんちの話”と“小人さん”の話は印象に残ったようで、食事の時に「これ何色の小人?」と聞きながら食べたり、トイレに行くと「がんばってきのこ食べたからバナナうんちだったのかな。」とか「コロコロなのは緑の小人食べてないからかな・・・」と気になっているようです

TOPに戻る